「特許分類検索」をクリックすると、以下のような画面が表示されます。

検索画面(入力例)

「メニュー」をクリックすると、特許分類検索を終了し、特許・実用検索メニュー画面に戻ります。

「ニュース」をクリックすると、特許分類検索の次回データ更新日等が表示されます。

●分類指定
「FI・Fターム」・「IPC(最新版)」・「IPC(公報記載)」のいずれかを指定して検索条件を指定してください。
分類指定 検索方法 公知日/発行日 テーマ 検索式
FI・Fターム 検索式に入力されたFI・Fタームにて検索を実施します。 公知日 テーマは検索式の条件とのAND検索となります。
省略した場合は、テーマは検索されません。
Fターム、FI、ファセットと演算子の組み合わせで検索条件を指定してください。
IPC(最新版) 検索式に入力されたIPCをFIにコンコーダンスした上で検索を実施します。
コンコーダンス後のFIも画面上に表示されますが、再編集することはできません。
公知日 テーマは検索式の条件とのAND検索となります。
省略した場合は、テーマは検索されません。
IPCと演算子の組み合わせで検索条件を指定してください。
(FタームやFIは指定しないでください。)
IPC(公報記載) 検索式に入力されたIPCにて検索を実施します。 発行日 入力しても検索対象になりません。 IPCと演算子の組み合わせで検索条件を指定してください。

●資料型
検索する資料型を選択します(チェック無しの場合、全資料型が検索対象となります)。資料型は、チェックボタンをクリックすることで選択できます(複数選択が可能です)。


選択項目 検索の範囲
特許 特許公開,特許公告,特許公報,特許公表,特許再公表
実用新案 実用公開,実用公告,登録実用,実用登録,実用公表,実用再公表
特許明細書 特許明細書
実用新案明細書 実用新案明細書
公開技報 公開技報

●公知日/発行日
検索する文献の内容が公知、または発行された年月日の範囲を半角英数字で入力します。
「FI・Fターム」「IPC(最新版)」にて検索を行う場合は公知日、「IPC(公報記載)」にて検索を行う場合は発行日となります。

省略した場合は、すべての範囲が選択されたものとして検索されます。
検索項目 入力例
公知日/発行日 (A)範囲指定
『1993年1月1日』の場合
  19930101 〜 19930101
  H050101  〜 H050101
  19930101 〜 H050101
  H050101  〜 19930101

『1993年1月1日から1994年1月1日まで』の場合
  19930101 〜 19940101
  H050101  〜 H060101
  19930101 〜 H060101
  H050101  〜 19940101

『1993年1月1日以降』の場合
  19930101 〜
  H050101  〜

『1993年1月1日以前』の場合
       〜 19930101
       〜 H050101

●検索式
検索する条件を半角英数字で入力します。
条件は、Fターム,FI,IPC,ファセットと演算子を組み合わせて検索式(1000文字以内)を作成します。
分類指定でチェックした分類の条件に合わせて、検索されます。
検索項目 入力例
Fターム テーマ・ターム別入力形式
・テーマが5D044、FタームがDD11でテーマ・Fターム別入力の場合
例) テーマ欄   5D044
  検索式欄   DD11
Fタームフル入力形式
・テーマが5D044、FタームがDD01でフル入力の場合
例) テーマ欄   空欄
  検索式欄   5D044DD11

*別なテーマをテーマ欄に入力すると、AND条件となります。

・付加コードのあるタームを指定する場合は、付加コードの前に“.(ピリオド)”を入力してください。
    例) GA03.W
       2E110GA03.W

*『GA03.』で検索した場合、全ての付加コードが検索されます。
*CD-ROM/DVD-ROM公報上のFターム表示には、付加コードの前に“.(ピリオド)”がありませんが、検索の際には“.(ピリオド)”を付加して入力してください。
(簡易入力の方法は下記 「※簡易入力」 を参照)
FI ・H01L12/33を検索する場合
    例) H01L12/33

・G11B20/18で展開記号540の分冊識別記号Dを検索する場合
    例) G11B20/18,540@D
*展開記号の前には“,(カンマ)”、分冊識別記号の前に“@(アットマーク)”を入力してください。

・G11B20/18で展開記号540の分冊識別記号が付与されていないものを検索する場合
    例) G11B20/18,540@\
*展開記号の前には“,(カンマ)”、分冊識別記号は“@\(アットマーク¥)”を入力してください。
(簡易入力の方法は下記 「※簡易入力」 を参照)
IPC ・IPC『B32B27/00』を検索する場合
    例) B32B27/00

・展開記号を含む『B32B27/00,104』を検索する場合
    例) B32B27/00,104

・インデキシングコード『B29K9:06』を検索する場合
    例) B29K9:06
(簡易入力の方法は下記 「※簡易入力」 を参照)
ファセット ・ZAAを検索する場合
    例) ZAA
※ 階層検索
特に指定のない場合、指定された検索キーの下位階層の検索キーも取得し、検索の対象として検索します。(階層検索)
階層検索を行って欲しくない場合は、検索キーの先頭に“$(ドルマーク)”を付加します。
分冊識別記号まで指定されたFIは、階層検索は行いません。
階層範囲が取得できない場合は階層検索なし(完全一致)で検索します。

・入力例
  (Fターム)
   階層検索あり → AA01(下位階層にAA02とAA03があれば、[AA01+AA02+AA03]と同じ)
   階層検索なし → $AA01(下位階層の有無に関わりなく、AA01のみ検索)
  (FI)
   階層検索あり → G11B20/18,540(G11B20/18,540と下位階層(分冊識別記号は全て対象)を検索)
   階層検索なし → $G11B20/18,540(G11B20/18,540とG11B20/18,540@A〜@Zを検索)
  (IPC)
   階層検索あり → G11B15/60(下位階層にG11B15/61があれば、[G11B15/60+G11B15/61]と同じ)
   階層検索なし → $G11B15/60(G11B15/60のみ検索)

※ 論理演算式
検索キーを演算子で組み合わせ、論理演算式を記述することができます。
演算子の種類は“[ ](括弧)”、“*(アスタリスク)”、“+(プラス)”、“-(マイナス)”の4つです。

演算子 意味 優先順位 備考
“[”および“]” 優先順位の変更 三重括弧まで指定することができます。
論理積 両側の検索キーのAND演算を行います。
論理和 両側の検索キーのOR演算を行います。
否定 左側の検索キーから右側の検索キーのNOT演算を行います。

“[”以外の演算子は、論理式の先頭に記述することはできません。

・入力例
   AA01*AB04-2C001BA04
   AB04-CA05*[H01L1/12+H01L1/13]-ZAA
   [B32B27/00,104+B29K9:06]*CEQ

※ 簡易入力
同種,同一観点の検索キーを続けて入力する場合、“(”および“)”を用いて入力の一部を省略することができます。

・Fタームの簡易入力例
   AA01+AA02*AA03 → AA(01+02*03)

・FIの簡易入力例−メイングループまでの括り出し
   A01C1/01*A01C1/02 → A01C1/(01*02)

・FIの簡易入力例−サブグループまでの括り出し
   A01C1/01,114*A01C1/01,116@A → A01C1/01,(114*116@A)

・FIの簡易入力例−展開記号までの括り出し
   A01C1/01,114@A*A01C1/01,114@B → A01C1/01,114@(A*B)

・IPCの簡易入力例−メイングループまでの括り出し
   A01C1/01*A01C1/02 → A01C1/(01*02)

※ 注意事項
・条件に入力できる文字数は1000文字までです。

・“[”および“]”による論理演算の優先順位の変更は3重括弧まで指定することができますが、簡易入力を行った場合、3重括弧以下でもエラーとなる場合があります。その場合は、適宜、括弧を外して入力してください。

・ヒット件数が1000件を超えた場合、文献番号の一覧は表示できません。

・検索可能範囲には、FI・Fターム用データベースとIPC(公報記載)用データベースの双方における最大範囲で表示されています(分類指定によっては範囲内であってもヒットしないケースがあります。)

●表示種別
表示文献の表示種別を下記のいずれかから選択します。
表示種別は、プルダウンメニューにて選択することができます。

全頁
第1頁
クレーム頁
図面頁

●表示指定
表示文献の表示指定を下記のいずれかから選択します。

表示指定 一覧表示
公開優先 公開番号、公告番号(*)の両方が存在する場合に1つの文献に対し、公開番号を表示します。
特許(登録)・公告優先 公開番号、公告番号(*)の両方が存在する場合に1つの文献に対し、公告番号(*)を表示します。
公開(実用全文)優先 公開番号、公告番号(*)の両方が存在する場合に1つの文献に対し、公開番号を表示します。 ただし、該当する文献が実用公開の場合、実用公開の代わりに実用全文を表示します。

*公告番号とは、登録公報の場合は登録番号を指します。

「検索実行」をクリックすると、入力した各項目の内容に基づいて検索が実行され、検索の結果としてヒット件数と「リスト」ボタンが表示されます。
ヒット件数が1000件を超えた場合「リスト」ボタンが表示されませんので、条件を絞り込んで再度検索をして下さい。

「クリア」をクリックすると、検索条件がすべて消去され、初期画面に戻ります。

「検索可能範囲」をクリックすると、文献の検索可能範囲が別ウィンドウにて表示されます。

「パテントマップガイダンス」をクリックすると、パテントマップガイダンスサービスが別ウィンドウにて表示されます。